感情を引きずらないようにしよう。

出来事は中立で、
出来事に対して感情が沸くのは、
「自分」というフィルターを通して出来事を見ているからだ、
ということを書きました。

まだお読みでない方は先にこちらをお読みください。

感情が沸くというのは自然なことです。

誰にでも「自分」という感覚はありますから。

ただし、一つの感情を持ち続けているというのは
あまりいいことではありません。

何かイライラすることがあったとして、
それをうまく発散することができれば、
特になんの問題もありません。

ですが、
問題になることもあります。

・そのことをいつまでも引きずってしまう
・一日中頭から離れない
・イライラするのが1週間以上続く
・昔のことなのに、まるで昨日のことのように思い出す

ƒvƒŠƒ“ƒg

こうなってしまうと、
感情に振り回されてしまっている状態と言えます。

そしてその同じ感情を持ち続けていることによって、
身体に痛みとして出てくることや、
内臓などの不調として出てくることがあります。

一つの感情を持ちすぎていることで、
不調になっているということはよくあることです。

内臓や筋肉によって影響を受けやすい感情というのがあります。

その関係性が分かるようになることで、
自分はどんな感情に振り回されているのか、
どんな感情に振り回されやすいのかということが分かります。

繰り返しになりますが、

感情が沸くのは当たり前、
感情に振り回されない、
感情に溺れないということが重要です。

そうすることで、不調から抜け出すきっかけになります。
082983

ご予約・お問い合わせはこちら

PAGE TOP