痛みが教えてくれること

腰痛、膝痛、肩の痛み、首の痛みなど、
身体に痛みを抱えている人たちに
たくさん施術をさせていただいてきました。

ボディートークの施術を始める以前は、
痛みを抱えたお客様が来た時というのは、
当然のことながら痛みを取り除くことに焦点をおいて施術をします。

そしてその痛みを再発させないためには、
何が必要かを考えて、必要なストレッチやトレーニングがあれば伝えます。

痛みを抱えている人は、
痛みを無くしてほしいと考えてくるので、
ニーズを満たすことを優先に考えていました。

ですが、

ボディートークの施術をするようになってからは、
痛みも必要があって出ているということを学んだのです。

極端な例ですが、
大腿骨を骨折した痛みを一瞬で取り去る技術があったとします。
そうするとどうでしょう?

骨折したままでも痛みがないから、
骨折したことを忘れて今までと同じように
歩いたり走ったりします。

そうなったらいつまで経っても良くならないどころか、
どんどん酷くなってしまいますよね。

そうならないためにも、

痛みにはこれ以上体に無理をさせないためという意味があります。

ボディートークの施術をするようになってからは、
「何故痛みが出る必要があるのか?」
という視点で考えています。

0-53

そう考えてみると、
痛みを解消する前に必要なことがあるかもしれない
ということに気がつきます。

実はこれこそが痛みが出ている原因であり、
痛みを取りのぞくことを考える前に
アプローチしなければいけないことです。

痛みを無理やりにでもとってしまうと、
その本当の原因にはなかなかたどり着けないかもしれません。

例えば、
肩には責任感というキーワードが関わります。

肩の痛みや肩こりに悩まされている方は、
もしかしたら仕事に対する責任感が強すぎたり、
あるいは全くなかったりということを教えてくれているのかもしれません。

膝には恐れの感情が関わります。

膝に痛みがある方は、
もしかしたら前に進むことを恐れていたり、
あるいは今は立ち止まって考える必要がある
ということを教えてくれているのかもしれません。

このように、
身体が痛みで何か訴えたいことがあるのかもしれません。

身体の痛みに悩まされている人は、
「何故痛みが出る必要があるのか?」
という視点で考えてみることで、
解決へのヒントが見つかるかもしれませんよ。

0-49

ご予約・お問い合わせはこちら

PAGE TOP