環境から受けるストレスは必ず身体に反映されます。

ボディートークの施術では、

環境から受けるストレスが、
身体にどんな影響を受けているのか、

ということを探すことがあります。

ここでいう「環境」というのは、
自分のこと以外すべてです。

もう少し具体的に言うと、
家庭環境、職場、学校、友人関係など。

その他にも世界中にある自分以外のもの全てが
環境になります。

人間が生きて行くうえで、
環境と接することなく生きるということは不可能です。

いかにうまく環境とつながりを持てるか

ということが、

健康的な身体でいるためにも必要なことです。

そして、
「つながり」というのは、
お互いが影響をし合っていること、

と思ってください。

最近の施術でもありました。

五十肩の痛みで数年悩んでいるという方に対する症例です。

施術前に肩の動きをテストしてみると、

真横に15°~20°ぐらいしか挙がりません。
それ以上挙げようとすると痛みが走ります。

それを確認してからボディートークの施術をしました。

それで分かったことというのは、

数年前に起こった家庭の事情が、

心臓に影響を与えているということでした。
(心臓が悪いというわけではありません)

そのことを伝えると、

「それが原因で痛みが出ていたんですか。。
でも言われてみると納得ですね。。
色んなことがつながっているんですね。。」

と言っていました。

この時に、実際に起きた出来事が、
身体に影響を与えていたということを実感されたようです。

肩の役目とは?

その時に補足的に話したのですが、

肩は心臓を守るという役目があります。

もし、
心臓を守る姿勢を取ってください、
と言われたら、

ほとんどの人が、
背中を丸めて腕を前に出すと思います。

考えなくても反射的にそうなってしまいます。

なので、
その時の出来事が心臓に影響を与えてて、
未だに解消されずに残っているならば、

心臓を守るために、肩が内側に巻いてきて、
慢性的な猫背になってしまうことも考えられます。

0be2e17d03c803782a8d6a346a34450f_s

その状態が長く続けば、
肩の痛みにつながってもおかしくはありません。

ということを話しました。

施術後に、
もう一度肩の動きのテストをしてみると、

その結果、
腕が耳に付くところまで挙がるようになっていて、
もちろん痛みは出ていません。

その方は嬉しそうに肩を回しながら帰っていきました。

心臓は守られた状態でいるよりも、
胸を開いた姿勢になっている時の方がエネルギーが強く、
自然な状態です。

7d6288684fe5655e2c691c7616ef939f_s

今回のケースでは、家庭に起きた出来事によって、
自分と環境のつながりのバランスが崩れたわけです。

痛みが出ている時というのは、
そのバランスが崩れたということに
気付いていない状態です。

ボディートークの施術を受けて、
バランスが崩れたことに気づいたことによって、
バランスを取り戻そうという反応が起き治癒に向かいます。

この話から何が言いたいかというと、

自分(身体)と、環境(世界)のつながりに気づくことが
大事だということです。

身体が健康な時というのは、
環境との関わり方も健康的だということです。

環境とのつながりを見つけるためのヒント

今現在、何かの痛みを抱えている方は、
その痛みがいつ頃からあるかを考えてみてください。

そして、その頃にはどんなストレスがありましたか?

それがもしかしたら解決のヒントになるかもしれませんよ。

ご予約・お問い合わせはこちら

PAGE TOP