難聴でお悩みの方へ

ボディートークで難聴がある方に施術をさせていただいて思うことは、症状は同じでも原因は人によって違うということです。

016179

つまり、症状に対するマニュアル的な治療方法などは存在しないということです。

ただし、症状によっては、あなたの症状の参考になるところもあるはずです。

実際に施術に来られた方の症例を掲載しますので、今何かの症状でお悩みの方に何か少しでも解決へのヒントになれば幸いです。

症例:人の意見を聞きたくないという性格が聴覚に影響していた

突発性の難聴を発症し、それ以降急に体が動かなくなり倒れてしまうそうです。意識はあるけど身体が動かず声も出せないような状態になり、病院に運ばれることが半年以内に2回ほどあったそうです。

病院で検査しても何も悪いところはないという結果だったそうです。

それで何か改善するためのヒントになるものはないかということで、ボディートークのことをインターネットで知り受けに来て下さりました。

施術をしてみると、職場で同僚の人たちの意見を聞くのが苦手でそれがストレスなっているということが分かりました。

これがどうして難聴に関わりがあるのかというと、意見を聞きたくないという意識があり難聴になることによって、人の意見が実際に聞こえにくくなるということがおきていたようです。

施術後は、ベッドに寝ている時に耳の聞こえ方が変わったのがすぐに分かったそうです。

その後の経過をメールでご連絡くださいましたのでご紹介させていただきます。

———–
お久しぶりです。その後をご連絡します。

耳鳴りはありますが、普通の生活音があれば忘れる位の音量のままで体調も落ちついた状態が続いています。

これはスゴイことです!出かけると翌日はずっと横になっていないと回復しなかったですから。

そういえば、楽になってるなと感じるのは、他に呼吸と寝付きです。久々に熟睡を楽しんでいます。

また、左肩甲骨の下が頻繁に痛かったのが今はありません。心臓とか感情に関わりがあったのでしょうか?不思議です。

次回はどんなことが判るのかと思うととても楽しみです。セッションは初めてでしたがリラックスして受けることができました。

直後の頭が奥からスッキリしたあの感じが他では体験した事がなく忘れられません。次回また東京に行く際には立ち寄りたいと思います。どうもありがとうございました。

———–
この施術がきっかけで、体調が全般的に回復に向かっているようで何よりです。

恋愛の悩みが聴覚に影響していた

突発性の難聴になってしまい、薬で様子をみて改善が見られなければ入院しなければいけないという状況で施術を受けに来られました。

施術をしてみると、恋愛に関する悩みがあり、それが聴覚に影響しているということが分かりました。

恋愛に関わるとある人の話しを聞きたくない、という想いが強くなっていたようで、それが聴覚に影響を与えていたようです。

聞きたくない、という意識が強くなりすぎると、身体は防御反応として実際に耳鳴りがして聞こえなくて済むようにしてしまうのかもしれませんね。

施術直後に耳鳴りが収まり、病院に行っても入院をする必要がなくすみました。

あくまで難聴についての一考察です。何か解決のヒントになれば幸いです。

PAGE TOP