かかとの痛みにお悩みの方へ

ボディートークで、かかとの痛みがある方に施術をさせていただいて思うことは、症状は同じでも原因は人によって違うということです。

b392c2eed15f2a51d87584a23f06f836_s

つまり、症状に対するマニュアル的な治療方法などは存在しないということです。

ただし、症状によっては、あなたの症状の参考になるところもあるはずです。

実際に施術に来られた方の症例を掲載しますので、今何かの症状でお悩みの方に何か少しでも解決へのヒントになれば幸いです。

症例:体を思った通りに動かすことができないことが、かかとの痛みに影響していました

現役のダンサーで、かかと付近に痛みがあり、今後もう舞台に立つことができないのではないか、という不安が強いということでボディートークの施術を受けにいらっしゃいました。

足のむくみが強く、ボディートークの施術よりもリンパドレナージの方が良いということを感じたので施術をしてみました。

施術をしてみると、

・自分自身に対する怒り

・過去に怪我をした時の記憶がまだ適切に処理されていない

ということが分かりました。

これらが、リンパ液や血液の循環を妨げる要因になっていたようです。

特に、過去の記憶が適切に処理されていないことが原因で、脳の中で、怪我をする=踊れなくなるという図式が出来上がってしまっていて、もう踊れなくなるのではないかという恐怖が膨れ上がってしまっていたようです。

終わってから話を聞いたら、施術をしている途中から、

「私は、今までずっと自分で身体を痛め続けていたんだ。。」

ということに気づいたそうです。

自分自身に対する怒りというのも、足が思うように動かなくなってしまったことで、

「何で動かないの!!」

と、自分の足に対して怒っていたそうです。

ダンサーとして思うように体が動かなくなってしまうということというのは、強いフラストレーションが溜まることでしょう。

セッション後は、自分の足に感謝をしたい、もっといたわってあげなきゃという気持ちが自然と沸いてきたようです。

そして、かかと周りの腫れは完全に引いていました。

まだ少し痛みは残っていたようですが、今後の変化に期待ですね!

ありがとうございました。

あくまで膝の痛みについての一考察です。何か解決のヒントになれば幸いです。

ご予約・お問い合わせはこちら

PAGE TOP